レノボ、指紋センサー搭載キーボード付属の高機能デスクトップPC3機種

WebBCN (BCN) 2005年05月26日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は、高機能ミニタワー型デスクトップPC「ThinkCentre A51p」に新モデル3機種を追加、5月27日から順次出荷開始する。すべてのモデルに指紋センサーを搭載したキーボードが標準で付属。ダイレクト価格は17万5600円から。

 「ThinkCentre A51p」は、高い処理性能と充実したセキュリティ機能を兼ね備えたプロフェッショナルモデル。通常のオフィス業務から大容量データやグラフィックス処理といった重い作業まで幅広く対応でき、内部データの流出や不正アクセスからPCを保護するセキュリティー・チップの搭載やBIOSパスワード機能の実装によって、高度なセキュリティ環境を実現している。

 さらに新モデルでは、指紋センサーを搭載したキーボードを採用。Windowsのログオンやスクリーンセーバーの解除などの認証作業を、従来のパスワード入力ではなく、より手軽で安全性の高い指紋認証に置き換えられるようにした。セキュリティー・チップ専用ソフト「IBM Client Security Software」の「IBM パスワード・マネージャー」機能と組み合わせて使用すれば、パスワード入力が必要なWebサイトなどへのログインも指紋認証で対応可能。

 共通の基本性能は、(1)Pentium 4プロセッサ 515(2.93GHz)またはCeleron Dプロセッサ 340J(2.93GHz)、(2)インテル 915Gチップセット、(3)2層DVD+R対応DVDスーパーマルチドライブ、(4)高いグラフィック処理性能をもつ「ATI Radeon x600 Pro」、(5)バックアップ&復旧ソフトウェア「IBM Rescue & Recovery」を搭載――など。

レノボ・ジャパン
「Think Pad/ThinkCentre 製品情報」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR