みずほ情報総研が不動産のPM分析システムの受注を開始

日川佳三(編集部) 2005年05月26日 16時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほ情報総研は5月26日、不動産業者に向けて、賃貸物件や証券化した物件など不動産を扱った金融案件の収益を管理するPM(プロパティ管理)分析システムの受注を開始した。ライセンス価格は一律150万円で、導入価格は150万円から。導入に必要な期間は平均3カ月。

 PM分析システムは、既存の基幹システムから収益管理に必要な情報を取り出して、収支、採算、契約、修繕情報などを管理する情報系システムである。不動産物件ごとの予算策定の支援や目標達成状況などの管理が可能。多次元データベースを使っており、オーナーごとなど任意の切り口で論理ビューを設定してデータを集計・分析できる。

 PM(プロパティ管理)は、不動産事業の新たな戦略情報システムの一つとなっている。背景には、2005年4月に減損会計が義務付けられたことを受け、収益性の悪い不動産物件を流動化・証券化するオーナーが増えたという状況がある。情報システム化によって流動化した不動産物件の収益を管理する需要が増えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化