DITが不正なHTTPアクセスを排除するリバースプロキシ装置を出荷

日川佳三(編集部) 2005年05月26日 17時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワークとUNIXを中心とするシステム開発会社のディアイティは7月、Webアプリケーションへの不正アクセスを検知・防止する機能を持ったリバースプロキシ装置「InterDoアプライアンスサーバ」を出荷する。価格は参考価格で550万円。

 InterDoアプライアンスサーバは、Webアプリケーションの手前に設置してリバースプロキシとして動作させるセキュリティ装置である。HTTP/HTTPSを用いたWebアプリケーションへのアクセスを監視し、不正なアクセスを排除する。

 監視対象となるHTTPリクエストの定義など、事前の設定を自動化するソフト「ScanDo」が添付する。ScanDoにより、Webアプリケーションの構成と、内在する脆弱性を把握してレポートを出力するとともに、InterDo用の適切な設定ファイルを自動生成する。

 同装置は、米KaVaDoが開発したセキュリティソフト「InterDo」をSolaris機にプリインストールしたアプライアンスである。ベースとして使っているハードウェアは、米Sun Microsystemsの「SunFire V210」。OSはSolaris 9である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR