MetaFrame新版をブランド名変えて出荷、SSL-VPN装置もラインアップ

日川佳三(編集部) 2005年05月26日 22時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シトリックス・システムズ・ジャパンは5月26日、米Citrix Systemsが開発した画面情報端末ソフトMetaFrameの新版「Citrix Presentation Server 4.0」を出荷する。参考価格は1ユーザーあたり5万円程度から。

 Presentation Server(旧MetaFrame)は、従来よりも処理負荷を低減したことで、同一ハードウェアで利用可能なユーザー数を25%増やした。今回のバージョンから、2004年10月に取得した米AuremaのCPU効率の最適化技術と米RTO Softwareのメモリ効率の最適化技術を組み入れた。

Citrix Access Gateway 4.0

 クライアント環境の仮想化の度合いも従来より強化し、IPアドレスやレジストリ、ディスク領域などをユーザーごとに独立させて利用できるようにした。これにより、マルチユーザー環境に対応しないアプリケーションが利用できるようになった。

 6月21には、MetaFrame Password Managerの新版となる「Citrix Password Manager 4.0」を出荷するほか、同社としては初めてのハードウェア製品となるSSL-VPN装置「Citrix Access Gateway 4.0」を出荷する(本体の出荷は7月1日)。さらに、上記2製品とPresentation Serverの上位版である「Citrix Presentation Server 4.0, Enterprise Edition」をセットにしたスイート製品「Citrix Access Suite 4.0」の使用ライセンスを6月21日に出荷する。

 販売チャネルの種類も増やし、新たにライセンスをオンラインで即座に購入できるようにした。今回から提供を開始するスイート製品では、使用ライセンスの購入手段は、オンライン経由に限っている。ライセンス以外に、バイナリを収めたメディア料金(8500円)と、SSL-VPN装置を使うのであればハードウェア代金が別途必要になる。

 スイートを構成する個々の製品はオンライン購入に加えて、従来通りのSIベンダーやIT系販社などのパートナ企業からの購入も可能である。

 ブランドとしてすでに浸透しているMetaFrameの名を廃してCitrixという社名でビジネスを展開する理由は、今後セキュリティを中心とする製品ライナップを増やしていく際に、画面情報端末の代名詞となったMetaFrame以外の名称を使いたかったからである。こうした戦術に合わせてスイート製品を用意した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化