「アップル、インテルチップに乗り換え」の噂は本当か

David Berlind(ZDNet.com) 2005年05月27日 19時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週初めに、Intel製プロセッサの採用について、AppleとIntelが話し合いを進めていると、Wall Street Journalが報じた。現在Appleが使用しているのはIBM製のPowerPCチップのみだが、Appleは、Intelのプロセッサを採用する他社との競争で苦戦している。特にノートPCの分野で苦戦する同社は、IBMのモバイルチップに対する不満を述べてきた。もしAppleがIntelチップを採用したら、Appleが認める認めないに関わらず、Macのクローン市場ができるだろうとほとんどの人が考えている。このニュースが流れたすぐ後に、CNET News.comのMichael Kanellosは、Appleにとってこの動きが(Macクローンの問題も含めて)どんなリスクをもたらすかを分析した。だが、私は、Appleの弱点をちらっと垣間見せてくれたForbesのレポートのほうが気に入った。どちらの分析でも、Instat/MDRチップのアナリストKevin Krewellの発言について言及している。またどちらも、AppleはIntelとの話し合いをテコにしてIBMの注意を惹こうとしているのではないかとも述べている。どちらも、消えてはまた出てくるこの噂(もちろん、今のところロマンチックな噂ではない)について、中道を行く意見を述べている。もし極端な意見を読みたければ、我がZDnetのPaul Murphyが書いた記事を読むとよい。彼は、AppleがIntelチップに乗り換えるのは絶対に間違った戦略だと考えている。Murphは次のように述べている。「AppleがCPUに関わる戦略的なジレンマから抜け出すには、UltraSPARCを採用するのが最善の策だと信じる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化