日立とミラクル・リナックス、Linuxに関する技術提携で合意

WebBCN (BCN) 2005年05月31日 11時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所 情報・通信グループ(古川一夫グループ長、CEO)と、ミラクル・リナックス(佐藤武社長)は、Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェア(以下、OSS)に関する技術提携について合意した。

 今回の合意に基づき、ミラクル・リナックスが提供するディストリビューションについて、日立製ハードウェアで評価を共同実施し、Linux及びOSSに関する技術情報、Linuxコンポーネントの差分情報などを共有する。その結果などを、ミラクル・リナックスなどが参加するソフトウェア開発プロジェクト「MIRACLE LINUX - Asianux Inside」に反映する。

 また、Linuxカーネルやライブラリ(glibc)などのLinux高信頼化に関連するコアテクノロジーの共同検証や共同評価の一つとして、Linuxカーネル解析ツールであるLKST(Linux Kernel State Tracer:Linuxカーネルトレーサ)などの障害解析機能の共同開発も行なう。この成果に基づき、両者は基幹業務へLinux適用を支援する高度なサポート機能やサービスの提供を進めていく予定。

日立製作所

HITACHI Linux Information

ミラクル・リナックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR