UBD LINUXジャパン、「Linuxセンター」が本格的に稼働開始

エースラッシュ 2005年05月31日 21時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニイウスとそのグループ会社のユーディービィー・リナックス・ジャパン(以下、UDB LINUXジャパン)およびノベルは5月31日、UDB LINUXジャパンの検証施設である「UDB LINUXジャパンLinuxセンター」(以下、Linuxセンター)が本格的なエンタープライズ向けの検証センターとして稼働開始したと発表した。

 UDB LINUXジャパンは、2004年8月にノベルとSUSE LINUXの販売契約を締結。同社のGoledパートナーとしてエンタープライズ向けLinuxソリューションの提供を行ってきた。2005年1月には自社内にLinux専用の検証施設としてLinuxセンターを開設している。今回、エンタープライズ用Linux OSとして「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」を導入したことで、企業向けの検証環境が強化され、信頼性の高いソリューション提案が可能になったという。

 併せてUnix、AIX 5L/Linuxエントリー・サーバの新モデル「IBM eServer pSeries p5モデル520」と「IBM eServer OpenPower」を導入。ミッションクリティカルな分野におけるLinuxの利用を加速する。

 今後Linuxセンターでは、企業におけるLinux導入を強力に推進するために、ノベルの提供するLinux製品ラインおよびパートナー企業の各種ハードウェア、ソフトウェアを活用しての性能検証、接続検証、問題解決やソリューションのデモンストレーションを行うとしている。

ユーディービィー・リナックス・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR