ワークスプロダクツ、中堅企業向け統合パッケージをIBM eServerに最適化

ニューズフロント 2005年06月01日 15時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワークスプロダクツは6月1日、日本IBMのアプリケーションサーバ「IBM eServer iSeries」に最適化した中堅企業向け統合パッケージ「COMPANY concept MONEY for iSeries」の販売を開始した。日本IBMは、技術/マーケティング活動面で協力している。

 同パッケージは、会計/人事/給与業務に対応した統合パッケージ製品。導入時にユーザーが独自機能を追加する必要がないほか、経費精算や給与明細配布などの入出力処理を社内外のウェブブラウザから処理できるといった特徴を備える。

 同製品の開発/提供は、日本IBMが展開するiSeriesパートナー向けプログラム「IBM eServer iSeries Initiative for Innovation」(iSeriesイノベーション宣言)を活用した国内第1号事例である。開発にあたって、日本IBMはiSeriesおよびWebSphereに関する技術支援と、検証施設「iSeriesイノベーション・ラボ」での稼働検証を行った。

 ワークスプロダクツでは、「日本IBMとの協力関係により、本来6カ月かかると見込まれるチューニング期間を2カ月に短縮でき、開発コストの削減と、市場のニーズへの迅速な対応が可能になった」としている。

日本IBMのプレスリリース

ワークスプロダクツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR