「Bagle」「Mytob」の亜種が相次いで出現--ウイルス対策企業が警告

Joris Evers(CNET News.com) 2005年06月01日 16時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BagleやMytobの複数の亜種が、感染を広げている。だが、セキュリティ対策企業各社によると、通常通りの対策を行っている限り、これらの亜種は大きな脅威にならないという。

 MessageLabsのシニア・アンチウイルス・リサーチャーMaksym Schipkaによると、Bagleの亜種3種類が米国時間5月31日に1時間おきにリリースされたという。2004年1月に大量メール送信型ウイルスであるBagleが出現して以来、同ウイルスの亜種は70種類以上報告されている。

 悪質なソフトウェアを除去するフィルタリングサービスを提供するMessageLabsでは、今回のBagle亜種が登場してからわずか数時間以内に、これらのコピーを10万件近く受信したという。これは「膨大な量である」とSchipkaは述べる。同社によると、今回の亜種はYahoo! Groupsからのメールを装ってPCへの侵入を試みるという。

 Schipkaによると、最新のBagle亜種は、悪質なプログラムを実行するようにユーザーをそそのかすための仕掛けをほとんど持っていないという。Bagleの亜種が添付された電子メールは、件名も本文も空白となっている。メールに添付されたZIPファイルをクリックすると、複数のウェブサイトからのトロイの木馬のダウロードを試みるプログラムが実行される。このトロイの木馬はユーザーのPCに保存されている電子メールアドレスを収集し、そこにウイルスを送りつける。またバックドアプログラムを感染したPCにインストールするという。

 また先頃、Mytobの亜種も出現した。Mytobは、感染したPCにバックドアプログラムを植え付け、独自の電子メールエンジンを使って、PCに保存された電子メールアドレスに自分自身のコピーを送りつける。

 McAfeeのウイルスリサーチマネージャCraig Schmugarによると、新たに2種類のMytobの亜種が、29日と31日に1種類ずつ出現したという。

 BagleとMytobの亜種は頻繁に登場している。Symantec Security Responseのエンジニアリング担当シニアディレクターAlfred Hugerは、今回登場した亜種について、以前のものとほとんど変わらないと説明する。「幸いなことに、拡散という点では、現時点では2つともかなりリスクが低い。感染報告の数は少ない」(Huger)

 セキュリティ企業各社はウイルス対策ソフトをアップデートし、不審な電子メールに添付されたファイルは開かないよう、ユーザーに呼びかけている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化