テンアートニ、自社開発ソフトへのオープンソースソフト混入を検査するサービス

ニューズフロント 2005年06月02日 19時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンアートニは6月2日、開発中のソフトウェアに対するオープンソースソフトウェア混入を検査するサービス「ProtexIP」の国内提供を7月中旬に開始すると発表した。テンアートニが、同サービスを米国で扱っている米Black Duck Softwareと共同で、国内企業向け提供を行う。

 ソフトウェア開発においては、オープンソースソフトウェアのソースコードを流用することで、開発効率化を図る例がある。オープンソースライセンスの種類によっては全ソースコードの公開が必要になり、公開予定のないソフトウェア開発プロジェクトでは大きな問題となる。

 ProtexIPは、ライセンス情報を収納したデータベースを参照して、検査対象ソフトウェアにオープンソースのソースコードが含まれているかどうかを調べる。これにより、商用ソフトウェアなどによるオープンソースライセンス違反の有無を確認できる。「組み込みソフトウェアやソースコードを公開しないソフトウェアの開発において、ソフトウェア知的財産の管理が容易になる」(テンアートニ)

テンアートニのプレスリリース

Black Duck Software

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR