IT部門はCEOに信頼されているか?

Phil Windley 2005年06月02日 22時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bain & Co.が「マネジメントツールとトレンド2005」というアンケート調査を行った。この中には、IT部門とビジネス部門との関係について、それぞれの部門のマネージャに対するかなり鋭い質問が含まれていた。Ed Coneが書いたCIO Insightの記事によると、この調査ではちょっと驚くような結果が出たという。例えば、回答者の60%は、ITの支出項目はビジネス目標と完全に一致していると答えている。これが支出ではなく、その成果はどうだったかという質問だったら、この数字はもっと低かっただろう。このアンケートを見ると、多くのビジネスマネージャは、ITが重要だとは言いつつも、自分の会社のIT部門が能力不足だと考えていることが分かる。「IT部門は仕事ができないと言うけれど、それは一体誰の責任なんだ?」と私は聞きたい。私が個人的に書いているブログ「Technometria」のサブタイトルは「Organizations Get the IT They Deserve」(「ITのレベルで分かる組織の実力」)である。このアンケートの結果こそ、それを具現化したもののように思える。

 IT部門がうまく機能していない場合、2つの理由が考えられる。確かにIT部門が能力不足のこともある。また、マネジメントによって掲げられた目標を達成するために必要なリソースが、IT部門に与えられていないこともある。私も、CIOを交代させた結果、IT部門の能力が劇的に向上したケースも何件か目撃している。ある事例では、配置転換の対象になった人物はCIOとしての資質に欠けていた。逆に、優秀なCIOだった人物が、マネジメントの信頼を失ってしまったために交代させられたケースもあった。いずれにしても、IT部門がうまく機能していないと感じたら、まずは問題の存在を認めること。そして次に、大変な作業ではあるが、CIOの交代を実行することだ。

一方、何度CIOを入れ替えても何も変わらない場合には、リーダーシップが問題なのではなく、CIOに与えられた仕事環境に問題があるのかもしれないと考えるべきだ。経営陣は口では「ITを信じる」と言うかもしれないが、実際のところはITのことを十分に理解していない可能性もある。それゆえ、IT部門がきちんと機能するうえで必要なビジネス風土や財務モデルを構築できずにいるかもしれない。CEOがIT部門の言うことをまったく信頼しないので、CIOがどんなに一生懸命説明しても、彼のメッセージは経営陣の片方の耳からもう片方の耳へと通り抜けてしまう。こうなったら、取締役会が新しいCEOを探す時期に来ているのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化