MBSD、ウェブアプリ向けセキュリティ検査サービスを提供開始

ニューズフロント 2005年06月03日 14時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は6月3日、ウェブアプリケーションのセキュリティ対策強化を支援するサービス「ホームページ安全点検サービス」の提供を開始したと発表した。価格は18万9000円。

 同サービスを利用すると、自社ウェブサイトの現状を把握し、対策を講じるべきポイントを知ることができるという。調査報告は、サイト内で確認すべき項目をチェックリスト形式で得られる。チェックされたポイントに関する対策も提案する。検査は同社のセキュリティコンサルタントが手動で行うため、「高品質で網羅的な点検が行える」(同社)。

 また、同社は同サービスで点検したサイトを対象に、ウェブアプリケーションに対する脆弱性を検査する「WebSec検査サービス」を特別価格で提供する。

三井物産セキュアディレクションのプレスリリース(PDF形式)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR