NTTデータ イントラマート、Webシステム構築ソフトを発表

WebBCN (BCN) 2005年06月06日 11時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ イントラマート(中山義人社長)は、Webシステム構築ソフトウェア「intra-martベースモジュール/フレームワーク バージョン5.0」を発売した。約100社の同社特約店とともに1500ライセンスを販売する予定。

 同製品は、ERPのWebフロントシステムや、J2EEによる基幹システム構築の基盤など、大企業の全社共通プラットフォームとして採用されているソフトウェアの新版。今回のバージョン5.0では、共通プラットフォームとしての機能を大幅に強化し、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づいた、企業システムの部分最適から全体最適化への移行を実現する。
 
 また、ESB(Enterprise Service Bus)機能の採用で、すでに導入されているERPやオフコンなどの基幹システムとWebシステムとを柔軟かつ迅速に統合可能となった。また、ユーザーインターフェースやアクセスセキュリティ機能も強化されている。

 スタンダード版とアドバンスド版の2種類があり、スタンダード版は既存システムとWebシステムを1対1で統合する中堅・中小規模向けの製品。アドバンスド版は、ESB機能を実装し、SOAに対応した大規模システム統合を実現する。同機能は「IM-ΣServ(シグマサーブ)」という名称でオプション販売される。

NTTデータ イントラマート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR