産総研がLinux用のネットワーク帯域制御ソフトをオープンソースとして公開

日川佳三(編集部) 2005年06月06日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人産業技術総合研究所は6月6日、Linux上で稼動するネットワーク帯域制御ソフト「PSPacer1.0」(Precise Software Pacer 1.0)をオープンソース(フリーソフトウェア)として公開した。ライセンスはGNU GPL(General Public License)。ダウンロード先URLは「http://www.gridmpi.org/」。

 PSPacerは、Linuxカーネルにネットワーク帯域制御機能を拡張するソフトである。Linuxのローダブルモジュール(動的リンクライブラリ)として実装してあり、導入に際してカーネルの再コンパイルは不要。PSPacerの稼動環境は、カーネル2.4以降とネットワーク機能をまとめたフレームワーク「iproute2」である。

 PSPacerの機能は、パケットの送信間隔を制御して、パケットを等間隔で送信する平滑化処理である。短時間に大量のパケットを送信してしまうバーストトラフィックを抑えるのが狙いである。

 パケットを等間隔で送信する方法は外部クロックタイマーを用いた割り込みではなく、送りたいパケットとパケットの間にゲートウェイとなるルータが廃棄するギャップパケットを故意に混ぜるというものだ。ギャップパケットのサイズと数を制御することで、パケットの送信間隔を制御する。

 ギャップパケットとして利用するのは、IEEE 802.3xで規定されたPAUSEフレームである。PAUSEフレームは対向するネットワーク機器に送信を一定時間停止するよう求めるものであり、ネットワーク機器の先に送られることがない。PSPacerはPAUSEフレーム内で指定する停止時間を0としているため、装置の送信は停止しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化