MS、「Windows Server Update Services」の無償配布を開始

エースラッシュ 2005年06月07日 19時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月7日、企業内で更新プログラムの配布サービスを提供する「Windows Server Update Services(WSUS)」の無償ダウンロード配布を、米国時間の6月6日(日本時間6月7日)より開始したと発表した。

 WSUSは「Software Update Services(SUS)1.0」の後継で、ベータ段階では「Windows Update Services(WUS)」と呼ばれていた。同時提供される「Microsoft Update(MU)」と連携することで、WindowsだけでなくOfficeやSQL Server、Exchange Serverなどの更新プログラムやサービスパックの社内配布が可能となる。また、更新プログラム単位やグループ単位、コンピュータ単位でインストールや検出の状況を確認できるレポート機能「Active Directory」を利用したターゲティング機能により、企業内における更新プログラム適応の集中管理も容易になる。

 サーバ動作環境については、WSUSサーバがWindows 2000 Service Pack 4(SP4)もしくはそれ以降/Windows Server 2003、WSUSクライアントがWindows 2000 Service Pack 3(SP3)以降/Windows XP以降/Windows Server 2003となっている。更新プログラム配布対象アプリケーションについてはWindows XP/2000/Server 2003の各ファミリ、Office XP/2003、SQL Server 2000/Desktop Engine(MSDE)2000、Exchange Server 2003/2000で、今後も対応製品を増やしていく予定だという。

マイクロソフト

Windows Server Update Services

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR