マイクロソフト、「SQL Server 2005」の6月プレビュー版を提供開始

ニューズフロント 2005年06月08日 16時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月8日、データベース管理システムの次版「Microsoft SQL Server 2005」について、プレビュー版「Microsoft SQL Server June 2005 Community Technology Preview(CTP)日本語版」のダウンロード提供を開始した。DVD-ROM版の申し込みは7月1日より受け付ける。

 June CTP日本語版は、4月に提供開始した「Visual Studio 2005 Beta 2 日本語版」と組み合わせることが可能で、開発生産性の評価に利用できる。「データマネジメント/分析プラットフォームとして、高可用性の実現、優れた運用/管理性、データ統合機能、データの分析/活用にいたる、データの保存から活用まで全機能を評価できる」(同社)

 同社は、June CTP日本語版でSQL Server 2005製品版におけるすべてのエディション、「32-bit版」「64-bit Extended(x64)版」「Intel Itanium版」をカバーする。提供する9ラインナップは以下の通り。

  • SQL Server June 2005 Enterprise Edition CTP日本語版(32-bit版)
  • SQL Server June 2005 Standard Edition CTP日本語版(32-bit版)
  • SQL Server June 2005 Standard Edition CTP日本語版(64-bit Extended(x64)版)
  • SQL Server June 2005 Standard Edition CTP日本語版(Intel Itanium版)
  • SQL Server June 2005 Workgroup Edition CTP日本語版(32-bit版)
  • SQL Server June 2005 Developer Edition CTP日本語版(32-bit版)
  • SQL Server June 2005 Developer Edition CTP日本語版(64-bit Extended(x64)版)
  • SQL Server June 2005 Developer Edition CTP日本語版(Intel Itanium版)
  • SQL Server June 2005 Express Edition CTP日本語版(32-bit版)

 なお、Enterprise EditionとDeveloper Editionは同一機能を提供するため、後者だけでEnterprise Edition 64-bit Extended版およびItanium版の評価が行える。

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR