NEC、ハイエンドストレージ新製品で「ストレージベンダーのトップグループを目指す」

藤本京子(編集部) 2005年06月09日 21時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは6月9日、SAN(Storage Area Network)対応のディスクアレイ「iStorage Sシリーズ」のハイエンドモデル「iStorage S4900」を発表した。価格は3246万円からで、7月29日より出荷開始する。

 iStorage S4900は、データ転送能力を1秒あたり192GBと高速化した新たなクロスバースイッチや、高速RAIDプロセッサを搭載している。ストレージの性能としては、スループット性能が7.5GB/秒、I/O処理性能が250万回/秒で「世界最高クラスだ」と、NEC執行役員の伊藤行雄氏は説明している。

NEC 執行役員 伊藤行雄氏

 iStorage S4900はまた、大規模で大容量なシステム環境に対応するため、最大257テラバイトの容量と、最大1200台のディスクドライブ、最大128のファイバーチャネルポート数をサポートする。さらに、パリティ専用ディスクを2台使うことで、ディスクドライブが同時に2台故障してもシステムを継続して運用できるRAID-6や、業務ごとに必要な容量を自由に設定できるダイナミックプール機能をサポートし、ストレージシステムの可用性や運用性の向上を実現している。

 NECでは同時に、e-文書法や各種法規制に対応したデータ改ざん防止ソフト「SystemGlobe VolumeProtect」を製品化した。同ソフトは、データを格納したボリューム単位ごとに、書込みの可・不可や保護期間などが設定でき、不正アクセスによるデータ改ざんや誤操作によるデータ破壊を防止する。NECでは、VolumeProtectとiStorage S4900と組み合わせることで、e-文書法や各種法規に制対応した安全なストレージ基盤が実現できるとしている。

 伊藤氏は、NECのストレージ戦略として、大型機では世界最高クラスの性能を持ったストレージを提供すること、中小型機は導入と構築が簡単なストレージを用意することを挙げている。また、e-文書法への対応やリッチコンテンツなどの増加で新たなストレージの需要が発生しており、このようなニーズに応えるための製品を用意するとしている。

 伊藤氏によると、現在NECの国内外付けストレージの出荷金額別シェアは9%で、シェア20%以上を持つトップグループとは大きく差をつけられている。今回発表したiStorage S4900を中心に、同社では年率130%の出荷成長率を実現し、「3年後にはストレージベンダーとしてトップグループに入ることが目標だ」(伊藤氏)としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR