NEC、ハイエンドストレージ新製品で「ストレージベンダーのトップグループを目指す」

藤本京子(編集部) 2005年06月09日 21時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは6月9日、SAN(Storage Area Network)対応のディスクアレイ「iStorage Sシリーズ」のハイエンドモデル「iStorage S4900」を発表した。価格は3246万円からで、7月29日より出荷開始する。

 iStorage S4900は、データ転送能力を1秒あたり192GBと高速化した新たなクロスバースイッチや、高速RAIDプロセッサを搭載している。ストレージの性能としては、スループット性能が7.5GB/秒、I/O処理性能が250万回/秒で「世界最高クラスだ」と、NEC執行役員の伊藤行雄氏は説明している。

NEC 執行役員 伊藤行雄氏

 iStorage S4900はまた、大規模で大容量なシステム環境に対応するため、最大257テラバイトの容量と、最大1200台のディスクドライブ、最大128のファイバーチャネルポート数をサポートする。さらに、パリティ専用ディスクを2台使うことで、ディスクドライブが同時に2台故障してもシステムを継続して運用できるRAID-6や、業務ごとに必要な容量を自由に設定できるダイナミックプール機能をサポートし、ストレージシステムの可用性や運用性の向上を実現している。

 NECでは同時に、e-文書法や各種法規制に対応したデータ改ざん防止ソフト「SystemGlobe VolumeProtect」を製品化した。同ソフトは、データを格納したボリューム単位ごとに、書込みの可・不可や保護期間などが設定でき、不正アクセスによるデータ改ざんや誤操作によるデータ破壊を防止する。NECでは、VolumeProtectとiStorage S4900と組み合わせることで、e-文書法や各種法規に制対応した安全なストレージ基盤が実現できるとしている。

 伊藤氏は、NECのストレージ戦略として、大型機では世界最高クラスの性能を持ったストレージを提供すること、中小型機は導入と構築が簡単なストレージを用意することを挙げている。また、e-文書法への対応やリッチコンテンツなどの増加で新たなストレージの需要が発生しており、このようなニーズに応えるための製品を用意するとしている。

 伊藤氏によると、現在NECの国内外付けストレージの出荷金額別シェアは9%で、シェア20%以上を持つトップグループとは大きく差をつけられている。今回発表したiStorage S4900を中心に、同社では年率130%の出荷成長率を実現し、「3年後にはストレージベンダーとしてトップグループに入ることが目標だ」(伊藤氏)としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化