アップルのインテルチップ採用を最初に予言した人

David Berlind 2005年06月09日 21時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dan Gillmorが、Apple-Intel提携の特ダネについて、AppleとWall Street Journal(WSJ)が共同謀議を犯したと言うのも無理はない。彼によると、AppleのWorldwide Developer Conferenceの基調講演でSteve Jobsが「Wall Street Journalを読んだ人を除いて、このニュースはほとんどの人にとっては初耳のはずだ」と語ったとWall Street Journal自身が報じているという。事実は違うのに、WSJはあたかも自分の手柄のごとく振舞っているのだ。Appleは、企業秘密を漏らされたとして複数のウェブサイトを相手取った訴訟を起こしているが、Gillmorは本物のジャーナリストとそうでない人を区別する公式な基準などは存在しないはずだと、何度もJobsを辛らつに批判してきた。Gillmorは、開発者カンファレンスの前に実際にApple-Intel提携のニュースを根拠あるニュースとして報道したのはCNET New.comなのだから、Jobsは、ただ噂を流しただけのWSJではなく、CNETの名前を出すべきだったと述べている。[注記:CNET New.comはZDNetの姉妹組織]

 考えてみれば皮肉なことだ。WSJは誰よりも早く特ダネを流したのは自分たちだと信じているようだが、プロのジャーナリストだったら単なる噂話をネタにすることは絶対にない。Jobsの間違った発言を正そうともせず、逆に自分の手柄にしてしまうようなWSJの態度は、そのうちColumbia Journalism Reviewにけちょんけちょんにけなされるに違いない。それはさておき、さらに重要なことも紹介しておこう。AppleとIntelの提携はこの業界で最も古くからある噂の1つだが、両者が実際に提携することを最初に予言したのはDavid Courseyだ。2002年8月に、彼は、18カ月以内にこれが実現すると予言した。まあ、時期は10カ月ほどずれてしまったが(このビジネスではそれほど悪くはない的中率ではないか)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化