VoIP普及の鍵を握るセキュリティ問題

Ben Charny (CNET News.com) 2005年06月09日 21時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シカゴ発--ある情報技術が主流になったかどうかを知る最も明確な手がかりは、それが「ファーミング(pharming)」などのセキュリティ攻撃の的となっているかどうかだ。

 低コストで人々の関心を集めているVoIP通話サービスが、実際にはオンライン攻撃の標的となっており、通話の盗聴、VoIPサービスへのアクセス妨害、クリッピングと呼ばれるサービスの質の低下が、一部のアカウントで発生していることを、Supercomm 2005に集まった企業幹部らが明らかにした。

 今年1月に、調査会社のHarris Interactiveは、インターネット電話のことを知りながら利用していない米国の成人のうち、60%はインターネット電話がセキュリティやプライバシーの問題につながりかねないと考えているとする調査結果を発表した。それまでくすぶっていたVoIPのセキュリティに対する懸念が、この発表で一気に高まった。

 VoIPのセキュリティの脆弱さは、同サービスが膨大なポテンシャルを持つことを際立たせると同時に、VoIPソフトウェアの成功を危うくするものでもある。全体で2億ある家庭/事業用回線のうち、約750万は従来の電話回線からVoIPに取り替えられた。さらに、調査会社Gartnerの予測によると、2008年までにVoIPを利用する家庭は2500万世帯に達するという。なかでも、月額20ドルで通話無制限といったプランはユーザーを惹きつける目玉になる。

 VoIPは、電子メールと同じようにIPアドレス(ウェブに接続する各デバイスに割り当てられる固有の数字)を手がかりとして通話経路を探すことから、ハッカーの攻撃に対して脆い点が、同技術の欠点の1つに挙げられる。また、同サービスへの関心の高まりを利用しようとするVoIPプロバイダの数が急速に増加しているものの、その多くは通話の暗号化といった基本的なセキュリティ対策すら講じていない。

 VoIPシステムへの攻撃に関する情報のほとんどは、まだホワイトペーパー上の事柄でしかないが、電話システムの統合を取り扱うBearingPoint Instituteによると、このサービスを利用している企業の中には既に攻撃を受けている企業もあると言う。しかし、その詳細は明かされなかった。

 ベルリンのSnom Technologyの創業者で、Supercommのセキュリティサミットで講演を行ったChristian Stedickeは、「セキュリティがIP電話の普及の鍵を握る」と語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化