ブルーコート、中小規模システム向けプロキシ・アプライアンスを発表

WebBCN (BCN) 2005年06月10日 10時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブルーコートシステムズ(辻根佳明社長)は、同社のプロキシ・アプライアンス「ProxySGファミリー」にスモールビジネス向けモデル「ProxySG 200シリーズ」を追加すると発表した。

 ProxySGファミリーは、スパイウェアやウィルスなどからWebシステムを保護するためのアプラインアンス製品。新シリーズは、従業員50名以下の中小企業や大企業の支店での利用を想定し、最大512MBのメモリと最大40GBのハードディスクを備える。コンテンツ・フィルタリング、インスタント・メッセージング・コントロール、Webアンチウイルス、P2Pファイル共用コントロールなどの最適なプラットフォームを提供し、小規模なオフィス環境でも、大企業と同等のセキュリティレベルを実現する。

 価格はすべてオープンで、今年7月より出荷開始する。同社は初年度で2,000台の販売を見込む。

ブルーコートシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR