日本アタッチメイトがDBアクセス用ミドル新版を出荷、IBMメインフレーム接続も可

日川佳三(編集部) 2005年06月13日 10時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アタッチメイトは6月13日、IBM製メインフレームを含むデータベース管理システム全34種類にアクセスする通信ミドルウェア「Attachmate ACA」を出荷した。SOAシステムの構築やデータのマイグレーションに適する。開発は米Attachmate。価格は利用形態やプラットフォームに依存するが、1000万円程度から。

 Attachmate ACAは、データアクセス用ミドルウェアである。アプリケーション・サーバ・ソフトなどと組み合わせ、データベース管理システムに対してデータベース・アクセスする。Attachmate ACA自身がデータベース・アクセスとデータベースのレプリケーション機能を持つ。データベース管理システムが出力するトランザクション・ログを逐次取得することによるリアルタイムでのデータベース複製や、指定したスケジュールでバッチ処理を実行することによるデータベース複製が可能である。

 Attachmate ACAの最大の特徴は、アクセス可能なデータベースが全34種と多い点と、Attachmate ACAの稼動環境が多い点である。メインフレームなどのレガシー・システムとIAサーバなどのオープン系システムが混在する情報システムにおいて、データベース・アクセスの手続きを一元化し、プラットフォームの移行パスとなることができる。意思決定支援などのような参照系の情報系システムを新プラットフォームへ移行させ、一方で基幹系システムはメインフレームを使い続けるといった用途に適する。

 業務アプリケーションとの連携手段は、各種言語用のSDK、J2EE Connector Architecture(JCA)、Microsoft COMなど。Java RMIやCORBA経由での利用や、TPモニタソフトのBEA Tuxedo、Microsoft MTS、IBM CICS、Nonstop Himalaya用Pathwayから利用することも可能である。接続可能なデータベース管理システムは、OracleやSQL Serverなどのほか、InformixやSybaseはもちろん、ADABAS、Btrieve、ISAM、DB2、MUMPS、VSAMなど全34種類である。

 なお、開発会社の米Attachmateはまもなく、メインフレーム用の端末エミュレータとX-Window SystemのX端末ソフトを開発する米WRQと合併し、新たに米AttachmateWRQが発足する。米Attachmateと米WRQはともに、別の企業によって買収され、1つの会社に事業統合するかたちである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化