ソフトエイジェンシーがFreeBSD上で稼動するゲートウェイ型ウイルス対策ソフトを出荷

日川佳三(編集部) 2005年06月13日 13時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトエイジェンシーは6月13日、OSにFreeBSDを用いたメールサーバ上で稼動するゲートウェイ型ウイルス/スパム対策ソフト「BitDefender for FreeBSD Mail Servers」を出荷した。開発はルーマニアSOFTWIN。価格は、10ユーザーで年額28800円(税込)から。

 従来、Linux版に限って提供していたBitDefenderに、FreeBSD版を追加した。背景には、オープンソースOSとしてLinuxとFreeBSDと比べた際、業務アプリケーションのプラットフォームにはLinuxが優勢であるのに対し、メールサーバなどインターネットの基本機能を提供するサーバには、Linuxに加えてFreeBSDの採用も多いという状況がある。

 BitDefenderは、Sendmailやqmail、Postfixなど、既存のSMTP中継サーバ・ソフトと組み合わせて使う。既存のSMTPサーバが電子メールを受け、別のデーモン・プロセスとして起動しているBitDefenderに引き渡す仕組みである。SendmailとPostfixは設定を変えることにより、qmailの場合はqmail-queueを専用のプログラムと置き換えることで利用できる。

 稼動OSは、FreeBSD 4.9-RELEASE以降。ソフトの配布形態はtar形式である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR