コンピュータ・アソシエイツ、企業向けスパイウェア対策ソフト

WebBCN (BCN) 2005年06月14日 11時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータ・アソシエイツ(三ッ森隆司社長)は、日本市場初となる企業向けスパイウェア対策専用ソフト「eTrust PestPatrol Anti-Spyware Corporate Edition r5.0.2」を6月21日に発売する。

 同製品は従来製品では防げなかったスパイウェアやアドウェア、キーロガーなどの悪意のあるソフトの検出・隔離・削除を可能にする。これにより不正アクセスや情報漏えい、パフォーマンス低下といったリスクから企業情報を保護する。同製品は管理者主導アプリケーションとして構成されているため、管理者側での一元管理が行え、クライアント側での設定が一切必要ないのが特徴。

 スパイウェア・スキャン・エンジンは専用のものを搭載、12万種類以上のスパイウェアを検出可能とする。さらに同社が設置する「スパイウェア情報センター」から最新のセキュリティ情報を取得することもできる。

 価格は100ユーザー以上で1ライセンスあたり3450円。英語版のみの発売となるが、日本語OS環境でも動作する。

コンピュータ・アソシエイツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?