アップルとインテルの提携、もう1つの見方

Dan Farber 2005年06月14日 20時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Robert X. Cringelyが、AppleとIntelが提携した理由について、もう1つ別の説を披露している。

 この話にはMicrosoftが関係している。IntelがMicrosoftを毛嫌いしているのだ。IntelとMicrosoftの関係は常に悪かったわけではないが、ここ数年、MicrosoftはIntelの信頼を裏切って、AMDを利用するなどIntelを痛めつけるようなことをしてきた。さらに悪いことには、Intelから見ると、Microsoftはハードウェアの限界を極めようとする努力が足りない。人々がもっと頻繁にPCを買い換えなければIntelは成長できないのに、余計な機能だらけのブロートウェア戦略をMicrosoftが続けるかぎり、そして同社がLonghornのリリースを延期し続けるかぎり、それは実現しそうもない。

 そこにAppleが登場した。これは、IBMに代わってIntelが市場占有率をあと3%伸ばすための動きではない。これは、Intelがデスクトップ市場のコントロールをMicrosoftから奪うための動きなのだ。

 以上は、私がDan Gillmorのブログ経由で得た情報だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?