IBMがデュアルコアOpteron搭載のブレードサーバを発売

Stephen Shankland (CNET News.com) 2005年06月16日 18時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは、Advanced Micro Devices(AMD)のOpteronプロセッサを搭載したブレードサーバの販売を開始した。同サーバは、Intelプロセッサが主流を占めるこの分野で、AMDのプロセッサを使用した2つめの製品となる。

 IBMは、AMDが4月に行ったデュアルコアOpteronのリリースに合わせて、同プロセッサを搭載するブレードサーバを発表しており、数週間にわたって同社ウェブサイト上でプロモーションを行っていた。そして、この製品は同社のBladeCenterの1モデルとして15日に発売になった。

 エントリーモデルのLS20は、2GHz動作のOpteron 248プロセッサと1GBのメモリを搭載し、2259ドルで販売されると、IBMでは述べている。また2GHzのデュアルコアOpteron 270を搭載したシステムは、3649ドルになる。両システムとも、Opteronを2基搭載可能となっている。

 ブレードサーバは、「ブレード」と呼ばれる薄型のシステムボードを単一のシャーシ上に並べた構造をしており、電源装置やネットワーク接続などのインフラ部分を各ブレードが共有する形になっている。ブレードサーバの市場はサーバ市場全体よりも急速に成長しており、IBMはこの分野で首位に立っている。

 IBMは大手コンピュータメーカーのなかでも真っ先にOpteronの採用を決めたが、Sun MicrosystemsやHewlett-Packard(HP)などのライバルメーカーに比べると、実際の搭載に関しては消極的だった。また、DellもOpteron採用についてAMDと広範囲にわたる話し合いを行っているが、いまだにIntelチップ一本やりだ。

 SunとHPでは、Opteronを主流の計算処理用途に適した選択肢として売り込んでいるが、それに対してIBMは、技術系の高性能コンピューティングに最適な製品としてOpteronを位置付けている。IBMによれば、同社の「Cluster 1350」という製品は、実際にLS20上で利用可能だという。Cluster 1350は、多数のコンピュータを結びつけて1つのスーパーコンピュータとして動作させる製品だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向 けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化