EMC、ストレージソフト最新版でコンテンツ別の仮想プール作成が可能に

藤本京子(編集部) 2005年06月20日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米EMCは6月20日、アーカイブストレージ製品Centera向けソフトウェアの最新版「CentraStar Verson 3.0」において、新機能が追加されたと発表した。Centeraは、コンテンツレベルでデータを管理できる「CAS(Content Addressed Storage)」システムだ。新機能はこのCASシステムを強化するものとなる。

 追加された機能は、「バーチャルプール」と「リモートレプリケーション」の2つ。この2つの機能は、EMCのハイエンドストレージ製品Symmetrixではすでに実現している。このハイエンドな機能をミッドレンジ製品Centeraでも利用できるようになる。

 まずバーチャルプール機能とは、物理的には単一のクラスタの中に、メールやワード文書といったアプリケーションごとの仮想プールをいくつも作成できるというものだ。この機能を利用することで、「コンテンツごとのデータ管理がいっそう容易になる」と、EMCのCenteraマーケティング&アライアンス担当バイスプレジデント、ロイ・スタンフォード氏は述べている。

EMC Centeraマーケティング&アライアンス担当バイスプレジデント、ロイ・スタンフォード氏

 バーチャルプール機能は、日本で未発表の2つのソフトウェア「EMC Centera Seek」および「EMC Centera Chargeback Reporter」と共に利用することで、より高度なコンテンツ活用が可能となる。Centera Seekは、インデックスによる検索エンジンで、Centera全体はもちろん、各バーチャルプールごとにデジタルコンテンツを容易に検索できるソフトだ。また、Centera Chargeback Reporterは、Centeraにおいて、社内のどの部署がどれだけの容量を使用しているか把握できるソフトで、容量に応じた部署単位での経費負担が計算できる。この両ソフトウェアは、「日本でも早い時期に対応する予定だ」(EMCジャパン広報)という。

 リモートレプリケーション機能は、リモート環境においてリレー方式でレプリケーションを行う「チェーンタイプ」および、分散されたアーカイブを一元的にレプリケーションする「スタータイプ」に対応している。チェーンタイプでは、拠点を経由して3つのリモートレプリケーションサイトをCenteraで形成できる。またスタータイプでは、支店単位に配置されていたCenteraのデータをリモートで結び、レプリケーションを作成、統合できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR