マイクロソフト、ファイル交換ソフト「Avalanche」を開発中

Jo Best(Silicon.com) 2005年06月20日 11時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftでファイル共有アプリケーション「Avalanche」(開発コード名)の開発が進んでいる。

 英国ケンブリッジで行われた施設公開イベントで、同社の研究者が明らかにしたこのプロジェクトは、BitTorrentのようなピアツーピア(PtoP)ファイル共有技術を開発しようとするMicrosoft独自の試みだ。

 Avalancheは、BitTorrentとは異なるシステムをベースにしているが、いずれも多数のユーザーに大容量ファイルを配信するという、基本的には同じ目的に利用されるものだ。BitTorrentは、主としてLinuxディストリビューションのダウンロードや映画の違法コピーのやりとりに使われている。

 だが、Avalancheはネットワーク上の違法行為には使われないと、Microsoftの広報担当者は説明した。

 「コンテンツプロバイダーを確実かつ一意に識別し、不正利用者にはコンテンツを提供させない強力なセキュリティ機能を搭載している」(Microsoft広報担当者)

 BitTorrentは、基本的に情報あるいはファイルを小間切れにする。BitTorrentファイルを作成するには、小間切れの部品をユーザーがすべて集める必要がある。だが、部品の提供頻度がそれぞれ異なるため、それが問題を引き起こす場合がある。一方、同じPtoPを実現するAvalancheの場合は、完全なファイルを作成するのにすべての部品を揃える必要がない。Avalancheシステムの弱点は、ユーザーが実際に必要な分より多く部品をダウンロードしてしまう場合がある点だ。だがMicrosoftは、負荷がより均等に分散されるため、この方が効率が良いと述べている。

 同技術に関するMicrosoftの研究論文には、BitTorrentに対する賞賛と非難の両方が記されている。「ポテンシャルと人気は非常に高いが、BitTorrentのようにエンドシステムが共同で処理を行う既存のスキーマは非常に能率が悪い」(研究論文)

 この研究論文によると、Avalancheが採用するコーディングシステムはネットワークコーディングをベースにしており、ダウンロードより20%効率が高いという。

 「われわれは現在、ネットワークコーディングを使って現実的な設定で超大容量ファイルを多数のユーザーに配信するメリットについて調査を進めている」(研究論文)

 Microsoftの広報担当によると、現在は同技術を正式にリリースする計画も、これを製品に組み込む計画も同社にはないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化