日本BEAがESBを軸に新ブランド「AquaLogic」製品群を展開

日川佳三(編集部) 2005年06月22日 00時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Javaアプリケーション・サーバ大手の日本BEAシステムズは今夏から順次、ESB(エンタープライズ・サービス・バス)製品を主軸とする新ブランド「AquaLogic」製品群を出荷する。Webアプリケーション・サーバなどSOA(サービス指向アーキテクチャ)を構成する個々のサービスやデータソースを統合することで新たな付加価値を生む製品群であり、EJBコンテナであるWebLogic上で稼動するJ2EEアプリケーションとして実装する。

 AquaLogicを構成する製品は以下の通り。メッセージング基盤は、ESBソフト「AquaLogic Service Bus」(旧称Project QuickSilver)と企業内UDDI(Universal Description,Discovery,and Integration)ソフト「AquaLogic Service Registry」で構成する。Service Busは、WebサービスのSOAPに限らず、JMS(Java Message Service) APIやTPモニター製品のTUXIDOやMQなど広範なメッセージを扱える。Service Registryは、UDDIリポジトリであり、企業内の情報システムのありかなどリソースの属性を管理するメタディレクトリである。

 SOAを実現するメッセージング基盤製品群をビジネスに応用する「AquaLogic Data層」として、「AquaLogic Data Service Platform」(旧称Liquid Data for WebLogic)と、アクセス権限管理などセキュリティ運用のための「AquaLogic Enterprise Security」を用意した。Data Service Platformは、ESB経由で得られる複数システムのデータを単一のビュー画面で統合するソフトである。データの抽出だけでなく更新を含むアプリケーション画面を構築できる。

 この他、AquaLogic製品群として、企業内のデータを活用するためのポータルソフトなども用意する。WebLogicブランドのポータルソフトと比べ、データを活用するエンドユーザーがポータル機能を開発する際に、Javaの知識を必要としないものになる。

 AquaLogicの背景には、機能のインタフェースの粒度が、より抽象度を増してきているという状況がある。Webアプリケーション・サーバを用いて構築した1つの業務アプリケーションは、AquaLogicから見れば部品の1つである。メッセージングの対象を業務の単位に近づけて抽象度を高めることで、より高付加価値なビジネスへ移行していくという流れである。事実、アプリケーション・サーバ製品やEAI(アプリケーション統合)製品を出荷するベンダーは、Webサービスなど抽象度の高いメッセージング基盤製品と、メッセージング基盤を利用した企業内データ活用のための製品を企画している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化