公開後1週間で5700人がMLに参加--オープンソースSolarisの立ち上がり

日川佳三(編集部) 2005年06月22日 19時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは6月22日、6月14日にオープンソースとして公開した同社のUNIX OS「Solaris」の近況を報告した。同社によれば、公開後1週間でオープンソースSolaris「OpenSolaris」を議論するメーリングリストの登録者数は5700人に達した。開発者による関心が高い証拠であるとしている。

米Sun MicrosystemsのOpenSolarisマーケティング担当マネージャのクレア・ジョルダーノ(Claire Giordano)氏

 6月14日に配布を開始したOpenSolarisは、同社のUNIX OSである「Solaris」をオープンソースとして公開したものである。ソースコードはx86系CPUとSPARCのいずれでもコンパイルが可能である。OpenSolarisプロジェクトは、Solarisの最新ソースを保持する場であり、米Sun MicrosystemsのSolaris開発者に加え、世の中の開発者がSolarisの開発に参加できる。

 現状のOpenSolarisは、2005年1月にフリーOSとしてバイナリ配布を開始した最新版OSのSolaris 10のソースコードをベースとしている。今後Solarisとしてリリースするバイナリ・パッケージは、OpenSolarisのうち米Sun Microsystemsが安定稼動を保証するソースコードをコンパイルしたものとなる。

 Solarisのソースコードを公開した目的は、「もっと多くの開発者が欲しかったから」(米Sun MicrosystemsのOpenSolarisエンジニアリング担当ディレクターのスティーブン・ハープスター氏)である。MPL(Mozilla Public License)を簡素化して分かりやすくしたライセンスCDDL(Common Development and Distribution License)の下、「開発者のコミュニティを形成したい」(米Sun MicrosystemsのOpenSolarisマーケティング担当マネージャのクレア・ジョルダーノ氏)。

 なおSolarisの歴史は以下の通り。1992年に、BSD系列のSun OS 4.1とウインドウシステムのOpenWindowsなど周辺ソフトのパッケージをSolaris 1と命名。直後にSVR4系列のSun OS 5からSolarisブランドをOSのブランドとして確立、Solaris 2として出荷し、Sun OSと呼ぶ製品名称を使わなくなった。1999年のSolaris 8から、開発用途と学術用途に限ってバイナリを無償で使用できるFree Solaris Binary License Programを実施。同プログラムは今回のOpenSolarisの登場によって消滅した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化