CTC、EAIアプライアンス「Application Router」の取り扱いを開始

エースラッシュ 2005年06月23日 18時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(略称CTC)は6月23日、米Cast Iron Systemsが開発・製造するEAI(アプリケーション統合)アプライアンス「Application Router」の取り扱いを開始すると発表した。

 Application Routerは、基幹系システム/データベース/ERP/CRMなど、企業内の各種システムの統合やデータ連携を実現するEAIに必要な基本機能をあらかじめ搭載した機器だ。ソフトウェアのインストールは不要。データ連携機能やルーティング機能、運用・監視機能も搭載。従来のアプライアンス製品と比べ、社内のデータ統合やパートナー企業との情報共有といった単純なシステム統合プロジェクトに適する。

 同社では大手通信事業者をはじめ、製造業や金融などを対象に販売活動を展開。価格は1600万円で、初年度の売上目標を2億5000万円に設定している。

伊藤忠テクノサイエンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR