マイクロソフト、Sender IDの普及に拍車--今年秋にHotmailとMSNで導入

Joris Evers (CNET News.com) 2005年06月23日 17時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もし、あなたの電子メールに「Sender ID」のタグがついていないと、Microsoftにジャンクメール扱いされることになるかもしれない。

 同社のCraig Spiezle(技術および安全グループのディレクター)が米国時間22日に語ったところによると、同社は11月ごろにHotmailとMSNでSender IDを導入する予定だという。この動きはSender IDの導入に拍車をかけるためのものだとSpiezleは説明するが、そうなった場合、送信元を証明するタグのないメッセージにはスパムの可能性を警告するフラグが立てられることになる。

 Sender IDは、電子メールの送信元となったサーバの正当性を確認することで、その電子メールが正当なものであることを証明するための仕様。ジャンクメールを抑制するという同仕様の目的は賞賛に値するものだが、膨大な量のジャンクメールを阻止する方法についてはいまだに議論が続いている。Microsoftによると、現在スパムは電子メール全体の90%を占めているという。

 Sender IDに対して批評的な人々は、Microsoftが開発した技術を含むこの仕様について、標準として受け入れられておらず、しかも欠点も多いと述べている。また、Yahooの「DomainKeys」のように、Sender IDと競合する技術もある。

 「Microsoftは、不完全で受け入れが進んでいない標準を業界に採用させるために、強行手段に出ようとしていると思う」と、セキュリティソフトウェアメーカー、Trend MicroのDave Rand(インターネットコンテンツセキュリティ担当チーフ技術者)は述べている。

 Microsoftの動きによって、電子メール利用者には、Sender ID採用への圧力が増すことになる。同技術を機能させるには、ISPや各企業、その他のインターネットドメイン所有者側で、「Sender Policy Framework(SPF)」レコードを公開し、利用するメールサーバの身元を証明する必要がある。

 Microsoftによると、現在約100万件のドメインでSPFレコードが公開されているという。昨年末の時点で、全世界の登録済みドメインの数は7140万件といわれており、これに比べればSPF公開ドメインの数はほんのわずかな数に過ぎない。それでも、電子メールフィルタリング企業のMessageLabsによると、AOLなどの大手ISPがSender IDをサポートしていることから、現在やりとりされる電子メールのうち約30%にSender IDが付加されているという。

 SenderIDはこれまで成功を収めていないが、これは同技術に高い評価が与えられていないからだと、CAUCE(Coalition Against Unsolicited Commercial E-mail)の共同設立者であるRay Everett-Churchは指摘する。Everett-Churchには『Fighting Spam for Dummies』という共著もある。

 「Microsoftはここ数年、インターネットコミュニティにSender IDを押し付けようとしてきたが、ほとんど奏功していない」(Everett-Church)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化