BEA、ハード上で直接稼働する「JRockit」を開発中--JavaOneカンファレンスで発表へ

Stephan Shankland(CNET News.com) 2005年06月27日 16時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsは今週、プログラムをプロセッサ上で直接稼働させることで、サーバサイドのJavaアプリケーションを高速化する計画を明らかにする予定だ。

 Javaは、個々のコンピュータに依存するとなくプログラムを実行することを可能にするソフトウェアレイヤで、Sun Microsystemsが10年前に開発した。Javaで開発されたソフトウェアは、どのような環境でも動作する点において便利だが、動作速度の点では問題を抱えている。

 BEAの計画に詳しい複数の情報筋によると、同社はJavaOneカンファレンスにおいて、新しいバージョンの「JRockit」を開発していることを発表する予定だという。JRockitは、Javaプログラムを実行するBEAの仮想マシンソフトウェアで、新バージョンは、マシンのハードウェア上で直接稼働するようになるという。これに対し、現行のJavaプログラムは、Windows、Linux、Solarisのようなオペレーティングシステム(OS)上で稼働する。

 BEAがサポートを予定しているプロセッサには、IntelのXeon、IBMのPower、SunのSparcが含まれると、ある情報筋は述べる。

 BEAは、Javaアプリケーションサーバ市場をリードする大手企業の1社だ。同社にとって最大の競合相手はIBMである。また、JBossのようなオープンソース勢力も追い上げを見せている。

 BEA以外でも、Javaをハードウェア上で直接稼働させるための取り組みは行われてきた。こうした取り組みを最初に行ったのはSun Microsystemsで、同社は「PicoJava」と呼ばれるJavaプロセッサを発表した。もっともSunは、後にこの取り組みを中止している。これに続いてARM Holdingsなどの企業が、携帯電話上でのJavaの高速処理を可能にするチップを開発した。

 最近では、新興企業のAzul Systemsが、特殊用途向けサーバを80万ドルで発売した。同サーバでは、Javaプログラムの実行用に処理能力を集中的に確保するための特殊なチップを採用している。Azulは、性能より、この手法が持つ柔軟性に重点を置いている。

 BEAはまた、仮想化を取り入れた戦略もJavaOneで発表する予定だ。仮想化とは、ハードウェアとソフトウェアの結びつきを弱め、コンピューティング基盤をより柔軟、かつ効率的に利用するための技術である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化