ネットマークスがWAN環境の高速化装置を出荷、キャッシュとTCPコネクション集約で

日川佳三(編集部) 2005年06月28日 14時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットマークスは7月、帯域が狭く遅延の大きいWAN環境においてクライアント・サーバ型アプリケーションの性能劣化を抑えるアプライアンス「SteelHeadシリーズ」を出荷する。開発は米Riverbed Technology。価格は最安価モデルであるSteelHead 510を2拠点で使った場合に構築費を含んで300万円から。売上目標は初年度5億円。

SteelHead 2010

 SteelHeadは、WANを挟んだ遠隔拠点間で対向で設置する装置である。対向するSteelHead同士の間で、TCPコネクションの最適化や転送データのキャッシュを実施し、WANを挟んだ通信を高速化する。1:Nの接続が可能であり、企業のデータセンターに1台、複数の遠隔拠点に1台づつ設置し、複数の遠隔拠点からデータセンターへのアクセスを高速化する。

 SteelHeadの主な機能は2つある。1つは、データのキャッシュ機能である。WANを経由して1度転送したデータを、2度目からは転送せずに済ます。更新がかかった場合は差分データに限って転送する。もう1つの機能は、1度張ったTCPコネクションを切らずに使いまわすことで、ハンドシェイクなどにかかる通信負荷を削減する機能である。

 SteelHeadは、搭載するキャッシュ用ディスクの容量などによって5種類のモデルに分かれる。それぞれ、高さ1UがSteelHead 510と同1010、高さ2Uが同2010、高さ3Uが同3010と5010である。最安価のSteelHead 510は高さ1Uでディスク容量は80Gバイト。最上位モデルSteelHead 5010は高さ3Uでディスク容量は512Gバイトである。

 なお、SteelHeadの国内販売先としてネットマークスは日本ダイレックスに次いで2社目となる。また、SteelHeadが属する製品カテゴリを、ネットワーク・ファイル・システムであるNASをWAN経由でキャッシュする用途を意味する「WAFS」(Wide Area File Services)と呼ぶ。WAFS製品には、SteelHeadのほか、米Cisco Systemsの「Cisco 511 File Engine」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化