ケーブル会社、回線の開放をめぐる訴訟で逆転勝訴--米最高裁判決

Marguerite Reardon (CNET News.com) 2005年06月28日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケーブル会社は自社のインフラを競合するインターネットサービスプロバイダ(ISP)に開放する必要はないとした米最高裁判決に、ケーブル業界は安堵のため息をついたことだろう。

 米最高裁は、ケーブル会社が自社ネットワークをBrand XやEarthLinkといったISPに開放すべきとした連邦裁判決を、6対3の票差で覆した。多数意見を執筆したのは、Clarence Thomas判事だ。一方、Ruth Bader Ginsberg、Antonin Scalia、David Souterの3人の判事が反対意見を述べた。

 ケーブル会社は長年、自社のネットワークを他社に使用させる義務を免除されてきたことから、今回の最高裁判決によって、消費者に直ちに影響が出ることはない。しかしBrand Xと同社の支持者らは、今回の判決は長期的に見て競争を阻害し、ブロードバンド利用料金の上昇につながると確信している。

 「(今回の判決は)明らかに、インターネット事業から撤退せよという最高裁からのわれわれに対するメッセージだ」と語るのはカリフォルニア州サンタモニカに拠点を置くBrand X Internetの社長Jim Tickrellだ。同氏はさらに次のように続けた。「Bush政権がわれわれのように小規模な独立系ISPを敵視していることが、今回の判決で明らかになった。(今回の判決は)消費者にとっては大きな敗北であり、ロビー活動に膨大な資金を投じている独占的電話/ケーブル企業にとっては大勝利といえるだろう」

 大きな注目を集めたこの裁判は、カリフォルニア州サンタモニカに拠点を置くISPのBrand Xと米連邦通信委員会(FCC)との間で争われた。裁判では、ケーブルサービスの定義が重要な鍵を握った。

 FCCはケーブル事業者によるブロードバンドサービスを「情報サービス」と定義付けた。米政府機関の指針の下では、情報サービス事業者は競合他社に自社のネットワークを使用させるよう義務付けている規制の対象外となる。したがって、ケーブル会社は、Brand XなどのISPを含む競合他社に自社のネットワークを開放する必要はない。

 これに対しBrand Xは、電話会社は自社ネットワークを競合サービスに使用させることを義務付けられており、ケーブル会社も電話会社と同様に通信サービスを扱っているのであるから、電話会社と同じ規制を受けるべきだと主張した。2004年12月に最高裁はこの裁判の再審議を行う決定を下した。

 最高裁は多数意見の中で、ケーブル事業を情報サービスとしたFCCの解釈を支持した。

 「FCCが、問題の新たな分析を行い、ケーブル業界に適用したことに関し、恣意性は全く認められない」(最高裁の多数意見)

 また最高裁は、Telecom Actのニュアンスの解釈に関しては、FCCに重要な決定を下す権限を広く認めるべきだと強く主張した。最高裁はその理由として、今回の裁判は技術的にかなり込み入った内容であることから、専門知識を有するFCCの意見に従うのが妥当であるためと説明した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化