富士通とマイクロソフト、「Fujitsu/Microsoft SQL Server 技術支援センター」を開設

エースラッシュ 2005年06月29日 22時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通とマイクロソフトは、富士通のIAサーバとマイクロソフトの「SQL Server」を組み合わせて提供する「Fujitsu / Microsoft SQL Server技術支援センター」を共同で7月1日に設立する。ミッションクリティカル領域でのオープンシステムに対するニーズに応えるためだ。

 富士通の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」とIAサーバ「PRIMERGY」、マイクロソフトの「SQL Server 2000」、「SQL Server 2005」によって構築するオープンシステムの導入を推進する。事前性能検証支援やシステム設計と構築支援、技術情報の提供などを行う予定だ。

 両社は2004年6月にグローバルで提携することに合意している。2007年にはWindowsプラットフォームビジネスにおいて、富士通が販売するハードウェア等の売上高を8000億円とする予定だ。同技術センターの開設は、Windowsプラットフォームビジネスにおける協業を推進するための中核になる。

富士通
マイクロソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR