SAPジャパンが複数システム環境下でマスタデータの重複を防ぐソフトの新版を出荷

日川佳三(編集部) 2005年06月30日 14時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは6月30日、複数システムが混在するアプリケーション統合環境下においてマスタデータの重複保存を防ぐソフト「SAP NetWeaver MDM(Master Data Management)」の新版5.5を出荷した。価格は扱うデータ量に依存し、2500万円から。

 NetWeaver MDMは、複数システムと接続するデータハブとして機能し、複数システム間にまたがるデータを共有する。これにより、マスタデータが複数システム間で重複する不整合を防止する。SOA(サービス指向アーキテクチャ)を実現するソフト群であるNetWeaverを構成する中核製品の1つである。

 新版では、日本語に対応したほか、グラフィックスを使ったユーザー・インタフェースを強化した。2004年7月に独SAPが買収した米A2iの製品情報カタログ生成ソフト「xCat」の技術を取り込んだことで、販売や調達の情報や商品在庫情報など最新のデータをウェブサイト上の商品カタログにリアルタイムに反映させる運用などが可能になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR