日本NetAppがWin環境を主体とするSAN構築パッケージ・サービスを開始

日川佳三(編集部) 2005年06月30日 15時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ネットワーク・アプライアンスは7月1日、主にWindowsネットワークのストレージ環境を構築するパッケージ型のコンサルティング・サービス「ConsultingEdge」の受注を開始する。

 ConsultingEdgeを構成するサービスは以下の6種。(1)SAN(Storage Area Network)の設計と導入、(2)SAN内でのデータ移行、(3)Exchange Serverのストレージ統合、(4)SQL Serverのストレージ統合、(5)Windowsのファイル共有のストレージ統合、(6)バックアップ/リストア環境の設計と導入、である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR