パワードコム、従来の電話番号が使えるIP電話サービスを企業向けに開始

エースラッシュ 2005年06月30日 21時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パワードコムは6月30日、広域イーサネットサービス「Powered Ethernet」ユーザー向けに、従来の電話番号(0AB〜J番号)がそのまま利用できるIP電話サービス「Powered IP Business Phone」の提供を開始すると発表した。

 「Powered Ethernet」は企業向けに提供されている広域イーサネットサービスだ。今回のIP電話サービスが追加されることで、データ・音声・インターネットが統合できることになる。ネットワークの優先制御はパワードコム網内で行われ、IPセントレックス機能もあるためPBX機能をアウトソーシングすることもできる。

 加入者同士の通話料は無料で、国内一般加入電話への通話は全国一律3分8.4円なため、通話料金や基本料金を大幅に削減することも可能。また、社員には050で始まるワンナンバーを割り振ることも可能だ。

 サービスは7月1日から開始する。初期費用は工事費が1万5750円に050番号を1つ割り振るごとに525円。月額料金は050電話番号ごとに月額399円。

パワードコム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR