SAP、まもなくオンデマンドCRM市場参入か--噂を裏付けるこれだけの証拠

Matt Hines (CNET News.com) 2005年07月05日 11時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスソフトウェアメーカーSAPは、同社のCRM(Customer Relationship Management)ソフトウェアのオンデマンド版を新たに開発する計画に対して、これまでとりわけ慎重な態度を保ってきた。

 そうした計画の存在を示す出来事や業界の噂は数多くあったものの、SAPは現時点では同計画の存在を認めていない。それでも、ホスティング型CRMの第一人者であるSalesforce.comをはじめSAPの競合企業各社は、同社の動きとその思惑を注意深く見守っている。

 SAPがオンデマンドCRM市場に参入すれば、業界の力関係は短期間のうちに変容してしまうだろう。近年この分野ではSalesforceが急速に売上を伸ばしており、同社の発表によれば、2005会計年度の売上は1億7600万ドルを超えたという。Salesforceは今や、オンデマンドビジネスアプリケーションの代名詞となっている。

 だが、Salesforceのこうした成功は、SAP製品と競合することなく遂げられたものだ。ビジネスソフトウェア市場におけるSAPの影響力は非常に大きく、その売上は17億ドルを上回っている。

 専門家らも、他社がオンデマンドCRMに関する契約を次々に獲得していくのを、SAPが指をくわえて見ているはずがないと指摘する。

 AMR ResearchのアナリストBruce Richardsonは、「SAPは、SiebelやSalesforceといったCRM分野の大手企業の動向を注視して、顧客が購入したい、もしくはレンタルしたいと考える導入モデルをすべて自分のものにしようともくろんでいる」と話している。

 当のSAPは、市場の可能性に関する調査は引き続き行うが、新たなホストCRMソフトウェアを近日中にリリースする予定はないと、公式発表で述べている。SAP AmericaのCEOであるBill McDermottも、同社が5月にボストンで開催したSapphireユーザーカンファレンスにおいて、SAPが新製品開発に乗り出す必要性は薄いと発言していた。

 「ホスティングが適しているのは、小規模なビジネス環境だけだ。Salesforceも、SAPがすでに提供しているような統合製品を市場に投入しているわけではない。Salesforceには、新しく獲得したCRMユーザーが、より多くの機能を求めるようになった場合、彼らはSAPに乗り換えようとするのではないかという質問をぶつけてみたい」(McDermott)

 SAPは、顧客に対しては、CRMアプリケーションを自社で運用/管理するサービスをすでに提供しているが、既存のエンタープライズソフトウェアアプリケーションをホスティング用に書き直したものを発表していない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化