ヒューコム、アプライアンス型メール・フィルタリング製品を発売

WebBCN (BCN) 2005年07月05日 11時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒューコム(井上陽一社長)は、サーフコントロール ジャパン リミテッド(陳宇耀社長)が開発した企業向けメール・フィルタリング装置「サーフコントロール リスクフィルタ(SurfControl RiskFilter)」の日本語版を、7月1日から発売した。価格は250ユーザーの「E5」モデルで160万円から。発売後1年間で、3億円の売り上げを見込んでいる。

 同製品は、HTMLやテキストベースの迷惑メールだけでなく、画像や動画、スクリーンセーバなどのあらゆるファイルをフィルタリングする、1Uラックマウントサイズのアプライアンス型製品。

 日本語を含む2バイト言語に完全に対応した単語分析が可能であり、不要なダイレクトメールや、急増しているフィッシングメールなどの迷惑メールを排除できるほか、外部への不適切なメール送信を制御することで、機密情報の漏えいを防ぐこともできる。また、エンドユーザスパムメール管理(EUSM)機能により、社員が自分宛に届いたメールがスパムかどうかを確認して対処することが可能で、これによりスパム検出率を約98%までに高めることができる。

ヒューコム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!