日本ビジネスオブジェクツがBIで用いる業績管理ソフトとETLソフトを8月出荷

日川佳三(編集部) 2005年07月05日 19時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BI(ビジネス・インテリジェンス)ソフト大手の日本ビジネスオブジェクツは7月5日、BI基盤「BusinessObjects XI」を用いてデータ分析した業績を表示・管理する「Performance Management XI」と、個々の業務システムからデータを抽出して統合する「Data Integrator XI」の販売を開始した。開発会社は仏BusinessObjects。出荷は8月1日である。

 Performance Management XIは、目標値と実績を比較することで企業のパフォーマンス管理ができる。ダッシュボード上に業績を表示する機能も持つ。Data Integrator XIは、企業に存在する個々の業務システムからデータを抽出して統合化して格納するETLソフト。ある元データを変更するアクションによってBIの分析結果にどうインパクトを与えるかをシミュレートする機能を持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!