クラブツーリズムの不正アクセス事件、容疑者が逮捕--価格.com事件にも関与か

永井美智子(編集部) 2005年07月06日 11時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅行会社のクラブツーリズムのウェブサーバが3月に不正アクセスを受け、同社の保有する個人情報が流出した可能性がある事件で、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターと新宿警察署が容疑者を逮捕したことが明らかになった。この容疑者はカカクコムや人材派遣会社のアデコ、静岡新聞社などのサイトにも不正にアクセスした疑いが持たれている。

 逮捕されたのは東京都豊島区在住の中国籍男性、ユー・ファー容疑者(27)。逮捕日は6月22日となっている。

 ユー容疑者は2005年3月15日から17日までの間、約19万回にわたって保有するPCからクラブツーリズムのウェブサーバに不正アクセスを繰り返した疑いが持たれている。クラブツーリズムでは、インターネット会員である最大約9万300名の会員ID、パスワード、氏名、住所、電話番号、携帯番号、FAX番号、会社名、会社部署名、会社住所、会社電話番号、メールアドレス、生年月日、性別の情報が流出した可能性があると発表していた。

 同容疑者は同じ手口を使って他社のウェブサーバにも不正にアクセスした疑いがある。警視庁によれば同容疑者は14社のウェブサーバから合わせて約52万件の個人情報を入手したという。この中にはカカクコムやアデコ、静岡新聞社などが含まれるものとみられる。

 今回の容疑者逮捕についてクラブツーリズムでは、「事実関係を確認中のためコメントできない」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR