富士通、64ビット対応2WAYブレード型IAサーバ「PRIMERGY BX620 S2」を発売

エースラッシュ 2005年07月06日 22時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は7月6日、2WAYブレード型サーバ「PRIMERGY BX620 S2」の販売を開始した。

 PRIMERGY BX620 S2は7Uの省スペースシャーシに最大10枚まで搭載できるブレードサーバだ。64ビットのインテルXeonプロセッサを最大2個まで搭載し、高速で高性能な環境を実現した。また、ギガビットイーサネットのインターフェースを標準で2ポート、最大で6ポートまで装備し、ファイバチャネルのインターフェースもオプションで2ポートまで装備可能。

 さらに同社製ソフトと組み合わせることにより、OSやアプリケーションの一括インストールをはじめ、サーバやストレージの一括管理、故障箇所の検知と自動復旧などが行える。

 同製品はSAN Bootシステムをサポートしており、同社では今回の発売にあわせ、同システムの構築に必要となるハードやソフトをセットにしたモデルを、「SAN Bootソリューション」として提供するという。価格はサーバブレードが44万円から、シャーシは35万円からとなっており、7月15日より出荷が開始される。SAN Bootベースモデルは276万円からでこちらの出荷時期は8月末より行われる。

 同製品は7月14日、15日に東京国際フォーラムで開催する「富士通フォーラム」へ出展される。

富士通

富士通のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?