富士ゼロックス、PCを使わず複合機から直接基幹システムと連携

エースラッシュ 2005年07月06日 22時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士ゼロックスは7月7日、ネットワーク対応複合機「ApeosPort」シリーズのソフトウェア開発キットの新版「Apeos IntegrationPlus1.1」と、ApeosPortに搭載されたブラウザの開発キット「Web Browser Option for Apeos IntegrationPlus」の販売を開始する。

 「Apeos IntegrationPlus1.1」は、デジタル複合機からの外部アクセス仕様を追加開示し、Webサービスによる連携ソフト開発を容易にした。これにより、複合機の操作パネルから、基幹システムへのアクセスなどが可能となる。

 「Web Browser Option for Apeos IntegrationPlus」では、ApeosPortのブラウザ画面を利用して、スキャンした文書をWeb上の指定したフォルダへ格納したり、フォルダに格納された文章をApeosPortから印刷するといったことが可能となる。

 価格は「Apeos IntegrationPlus1.1」が6カ月サポートパックで21万9800円、12カ月サポートパックは39万9800円、「WebBrowser Option for Apeos IntegrationPlus」は10万円となっている。同社は、これらの機能強化により、ApeosPortシリーズの活躍シーンの拡大を目指す。

富士ゼロックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR