富士通ソフトウェア、無線ICタグを利用した位置検知システムを発売

WebBCN (BCN) 2005年07月07日 10時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ソフトウェアテクノロジーズ(平木秀社長)は、アクティブ型RFID(無線ICタグ)を利用し、人やモノの位置を検知するシステム「Local Positioning System(LPS)」の位置検知ミドルウェア「TagLocator(タグロケーター)」の新版「TagLocator2005」を発売した。

 「TagLocator2005」では、九州テン(前田尚一社長)製の無線LAN接続対応受信機「TagStation」を新たにサポート。ケーブル敷設の手間を解消し、これまで位置検知システムの導入が難しかったロケーションへの短期導入を可能にした。同じく九州テン製の、ボタンが押されたときのみ電波を発信するタグもサポートしたことで、電池寿命が延び、メンテナンス作業を軽減できる。

 また、従来方式とは逆に、移動する対象物に受信機を設置し、壁や柱などの要所にアクティブタグを設置する位置検知方式をサポート。工事現場など環境が頻繁に変化する場所で、短期間でのシステム変更が可能だ。さらに、受信機の電波受信感度を調整することで、位置検知精度(約2〜20m)の変更もできる。

 価格は、位置検知ソフトウェア「TagLocator2005」にアクティブタグ3個、アクティブタグリーダ2台をセットにした「LPSスターターキット2005 有線LAN版Lite」で65万円から。

富士通ソフトウェアテクノロジーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR