マイクロソフト、IEの脆弱性回避ツールを公開

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年07月07日 12時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、セキュリティアドバイザリサイトで、Internet Explorer(IE)に存在するセキュリティ上の脆弱性を回避するためのツールを公開した。ユーザーは、サイトから、Javaprxy.dll COMオブジェクトを無効化する同ツールをダウンロードすることができる。ただし、これはIEの脆弱性を根本的に解決するものではない。

 同ツールの対処する脆弱性が悪用されると、ブラウザが突然終了したり、任意のコードを起動してしまったりする可能性がある。この脆弱性の影響を受けるのは、Windows 2000のService Pack 1、3、4、ならびにWindows XPのService Pack 1および2上で動作するIE 6.0。Microsoftは現在、自動更新サービスを通じて同ツールを配布するための準備を進めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR