IPA、05年6月・05年上半期のウイルス&不正アクセス届出状況を発表

BCN(Business Comupter News) 2005年07月08日 11時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構(IPA、藤原 武平太理事長)は7月6日、05年6月および05年上半期(1-6月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況を発表した。

 6月のコンピュータウイルス届出件数は4928件で、5月の5021件から若干減少した。ただ、ウイルスの検出数は約385万個と、5月の約355万個から8.5%の増加となった。検出数は、1122件の届出が寄せられた「W32/Netsky」が16か月連続でワースト1位。以下、急増している 「W32/Mytob」699件、「W32/Mydoom」352件、「W32/Bagle」316件と続く。

 ワースト2位の「W32/Mytob」は、出現から4か月余りの期間に70種類を超える亜種が発生。システム管理者からのメールを装う巧妙な手口で感染を拡大させる新たなタイプの亜種も登場した。このように亜種が短期間に多数発生することは、ウイルスの感染の拡大・蔓延につながる可能性が大きいため、「安易に添付ファイルを開かないなどの対策を徹底し、注意を払うことが必要」と指摘している。

 6月の不正アクセス届出件数は24件で、5月の94件から約75%減少した。しかし被害件数は22件と、5月の11件から倍増した。被害届出の内訳は、侵入10件、メール不正中継2件、ワーム感染3件、DoS4件、アドレス詐称1件、その他(被害あり)2件。

 侵入10件のうちには、Webサーバーに侵入されWebコンテンツを改ざんされたという被害事例が5件あり、利用者がホームページを閲覧しただけでウイルスに感染する仕組みを埋め込まれていた事例が、5月に引き続き、2件あった。

 また、「Winny」に代表されるファイル交換ソフトによる情報漏えいがたびたび発生していることについて、「Winny」を悪用する「W32/Antinny」ウイルスがファイル交換ネットワークを通じて感染を拡大させていることが原因と指摘。ファイル交換ソフト利用者に対し、通常のウイルス対策に加え、ファイル交換ソフトの使用について問題点がないか確認すること推奨している。

 05年上半期のコンピュータウイルス届出件数は2万8265件で、03年から続いていた増加傾向にストップがかかり、若干の減少となった。

 また、05年上半期の不正アクセスの届出件数は合計319件となり、届出総数は約18%の増加、被害件数は約2.5倍の増加となった。IPAでは、最近の傾向として、(1)個人ユーザーのPCを含め、あらゆるコンピュータへの無差別な攻撃が多い、(2)Web アプリケーションの脆弱性を突かれた侵入被害が増えつつある――と分析している。

情報処理推進機構(IPA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化