アドベントネットがNetFlowアナライザ・ソフトを出荷、帯域利用状況をグラフ化

日川佳三(編集部) 2005年07月08日 14時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワーク管理ソフトを出荷するアドベントネットは7月8日、ネットワーク帯域の利用状況を分析するソフト「AdventNet ManageEngine NetFlow Analyzer 4.0」の販売を開始した。開発会社は米AdventNet。価格は監視するネットワーク機器のインタフェース数に依存し、インタフェース2個を監視可能な最小構成で20万1000円。

 NetFlow Analyzerは、米Cisco Systemsが定めたトラフィック監視の仕組みであるNetFlow機構によって得られた情報を分析する。NetFlowから得た情報を元に、コンピュータごと(IPアドレスごと)やアプリケーションごとにネットワーク帯域の利用状況をグラフを用いてレポートする。レポートはウェブ画面で閲覧可能である。

 NetFlowは、Flowと呼ぶ単位、すなわちクライアントとサーバなどコンピュータ同士の間の通信のセットを構成するパケット群について、IPアドレス/ポート番号、タイムスタンプ、パケット数、転送データ容量などの情報を取得する機構である。米Cisco Systemsの機器が搭載しているほか、NetFlowフォーマットの情報を生成するソフトや機器がある。NetFlow Analyzerは、こうしたNetFlow形式のデータを分析する。

 稼動OSはWindows 2000以降またはLinux。アドベントネットのページから30日間無償で利用可能な評価版をダウンロードできる。

AdventNet ManageEngine NetFlow Analyzer 4.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR