ヘッドアップディスプレイ付き水泳ゴーグルはいかが

David Berlind(ZDNet.com) 2005年07月11日 21時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNNとEngadget経由で、News.comのMichelle Meyersから届いたニュース。イギリスのBrunel Universityインダストリアル・デザイン学科のKatie Williamsが設計した水泳用ゴーグルにはヘッドアップディスプレイが付いていて、泳いだラップ数とタイムが表示されるようになっている。素晴らしい発明なんだけど、これにXML技術と無線送信の仕組みを組み込むともっと良くなる。そうすれば、1人のコーチが50人のスイマーを監督しなければならないときなどに役立つ。コーチは、それぞれのゴーグルから無線で送られてくるデータが集計されるのをコンピュータの前に座ってただ見ているだけですむ。もちろん、データはすべてデータベースに保存されるようにしておくとよい。

(写真提供:Fuse PR)

 そうだ、Katieさん、ついでに心臓モニターも付けてそのデータを集めるというのはどうだろう。リアルタイムで集めるのが無理だったら、泳ぎ終わった人のゴーグルからUSBケーブル経由でPCなどにデータを転送するのでもよい。ただ、この商品は僕には向かない。この前、近所のプールで泳いだとき--このプールは長さが25フィート(約8メートル)くらいある--2ラップ泳いだだけで、心臓発作を起こすかと思うくらい疲れ切ってしまったのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR