SBIベリトランス、EC向け認証システムをASPで提供--クレジットカードの不正使用を防止

ニューズフロント 2005年07月14日 16時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SBIベリトランスは7月14日、インターネット経由のクレジットカード不正利用を防ぐ本人認証システムのASPサービス「MPIホスティング」を発表した。提供は8月1日から。

 同サービスは、米Visa Internationalが開発した認証技術「3-D Secure」をASP方式で提供する。同技術を利用するために必要なマーチャントプラグイン(MPI)とよばれる専用ソフトの機能をホスティングすることで、「オンライン店舗にとって大きな負担となっていたMPIの実装、保守、管理作業の負荷を軽減する」(同社)。

 なお、対応可能な認証サービスは、「3-D Secure」に準拠した3種の認証サービス。

  • 「VISA認証サービス」(VISA)
  • 「MasterCard SecureCode」(MasterCard)
  • 「J/Secure」(JCB)

 また、同社がライセンス購入、クレジットカード会社登録、クレジットカードブランドとのシステムテストを代行し、開発工数の圧縮と準備期間の短縮を実現する。

SBIベリトランスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR